01Blog / CEOとCOOの間の大きく高い壁

投稿者:Suzuki Norifumi
2017/06/10 00:00
CEOとしてベンチャー事業を「成功」させられる人というのは類稀なる資質を持っている人だと痛感しています。

教育してつくような力でもなく、持って生まれた才能のようなもの、幼児期少年期の原体験に依存しているとも思っています。(教育業界の方からはたまにお叱りを受けます。)

実は5年前くらいまではCEO個人よりも、組織としての起業チームやCOOを重視していました。当然、それらも重要なのですが、相対的にCEOの重要性が高まっています。また、COOやCFOができる人と比べるとCEOをきる人が圧倒的に稀少人材であるということを痛感しています。 実はこのテーマをブログで残そうとしたきっかけは、先日修了した起業教育プログラム01Dojoでの参加者を4ケ月間の活動を伴走させていただいてさらに強く感じたところにあります。

 A.でかい世界観を持つ
 B.アイディアが生まれる
 C.ビジネスプランができる
 D.フィジビリティスタディをする

B→C→Dと実行フェーズに近づけば近づくほど、いろいろなハードルやリソース調達の難しさなどの現実にぶち当たり、当初描いていた世界観が縮小していきます。

そして結局、  

 E. 小さくまとまったビジネスができあがる or (大抵は)ビジネスを断念する。

多くの01Dojo参加者がそうであるように、自分の事業開発を振り返ってもこんなプロセスが踏んでしまいます。 すごい(「優秀」とはちょっとニュアンス違うかな)CEOは、Aで描いた世界観からEまでの縮小度合いが少ないと思うんです。表現を変えれば、達成したい世界観のためには実行困難なことも乗り越えてしまうということかと思います。 その行動の源泉は経営のロジックでもなければ、テクニックでもなく、その人の中に自然に迸る執念や覚悟、情熱のようなものであると思うんです。

達成したい世界観のためであれば、孤独であろうが、他人から批判や軽侮されようが、給料が低かろうが、爆走する。適度に無神経(意図的にそうなろうと自分に言い聞かせてもいる)で、外からみるとちょっと狂っている(ちょっとね)感じで、目がいっちゃっている人が多いのかもしれません。

私はまだ目がいっちゃっていません。 だから平凡なCEO(そもそも自分でCEOとは言っていませんが)なのかもしれません。

タグ
Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事