01Blog / 起業における「アンフェアーアドバンテージ」

投稿者:Goda George
2017/06/15 00:00

アンフェアーアドバンテージをいかに創るかが起業でも新規事業でも重要だと思われます。

アンフェアーアドバンテージ "Unfair Advantage" と言うと、直訳すれば「不正な利益」となりますので、何か悪いことに聞こえますが、Googleの10の真実の「素晴らしいでは足りない」と同じようなイメージですね。

つまり、"Competitive advantage" 競争優位では足りないということだと思います。

What is your Unfair advantage? のブログでは分かりやすい例としてGoogleの検索機能をあげております。流石に何か別の技術が開発されないと検索でGoogleと戦って勝てるPlayerは居ないでしょう。

つまり、競争で勝っているのではなく、まったく真似のできないものになります。専門家などの経験も経験したものしかわからないのでこの類だそうです。

下記がいわゆるアンフェアーアドバンテージ。つまり、簡単に買ったり、コピーができないものとあります。

A real unfair advantage is one that cannot easily be copied or bought. このブログも面白いですね。

とても素晴らしいCEOが居る(Superior CEO)とかユニークな特徴(Unique Feature)を持っているということでは今日は競争優位(Competitive advantage)にすらならないと。

一つでも誰も打ち破れない "Killer advantage = (Unfair Advantage) " を持っているか?とあります。 このCompetitive Advantageでは足りない。Unfair advantageと言われるものを持つこと。これが競争激化の社会では必要になってくるということだと思われます。 

01Boosterは一緒に世界を変える仲間を募集中です! info@01booster.com にご連絡ください。

※2014年のブログのリバイズです。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事