【01Blog】夢を形に「森永01セレクティブアイデアソン」第二日目を終わって

投稿者:Goda George
2014/11/20 01:01

とても素敵な笑顔に会えた二日間でした。 「森永01セレクティブアイデアソン」第二日目を終えて

01Booster

一言で言えば、皆さんの笑顔が眩しかったです

01Booster

もちろん、これはあくまで前哨戦。お菓子で世界を変える取組は続きます。そして途切れさせてはいけません。なぜならこの取組は森永製菓さんだけのものではなく、多くの日本の産業に夢というお菓子を届ける行為なのですから。簡単に言えば、森永製菓さんが頑張れば、自分たちの会社もできるのではないか?と多くの企業が考えると思います。そうすれば、日本はもっともっと新しい産業を興せる国になっていくでしょう。

IMG_6449 優勝商品のチョコボール1年分

今回もセレクティブアイデアソンの模様をまとめてみます(第一日目の模様はこちら)。最初に、01Boosterに関してと簡単なルールをジョージから説明させて頂きました。その後、世界一が見えてきたForce of Willの宍戸CEOの話を頂きました。国内でかなり厳しい状況になり、その後、色々な御縁を元に世界での成功が見えてきたというストーリーです。

01Booster 講演する宍戸CEO

ポイントは3つですね。生還という話なので、皆様の心にも響いたのではないかと思います。
  • 行動にこそ価値がある
  • 失敗無しには成果なし
  • 覚悟こそ全て
次に01Boosterの鈴木代表から新規事業を興す上での心構えといった題目で講演を行いました。ポイントはStartup 4.0にあるようにこれからは大手企業の方がより事業創造で重要になってくるということです。

IMG_6419 講演する鈴木代表

6組のプラン発表会です。皆様、第一日目から数えて10日をかけてビジネスプランを作り込み、良いプレゼンをしてくれました。Miniビジネススクールのようであったとの声も聞かれました。 IMG_6421 IMG_6425 IMG_6428 IMG_6429 IMG_6434 IMG_6437 その後、アイデアソンに参加したメンバーと今回聞きに来ていただいた社員さんを含めて、皆で短時間でワークショップを実施。それぞれの想いを語って頂きました。皆さんの熱い想いが伝わって来ました。 優勝チームはこちら!優勝にはチョコボール1年分をプレゼント!これは嬉しいですね!社内2名+社外3名のチームです。かなり面白いテーマでした!もしほんとにやるなら僕手伝いますよ!と元Yahoo Japan!の澤野さんや元サイバーの小田さんもコメントしていました。次につながるといいですね。 IMG_6443 IMG_6451 新領域創造事業部の大橋部長と新井社長から講評を頂きました。 IMG_6446 IMG_6447 流石、新井社長。ジョークを交えた粋なコメントに聴衆は笑いに包まれていました。社長の新しいことをやっていきたいという想いが皆さんに伝わったのではないかと思っております。その後は懇親会です。皆さんで様々なディスカッションが繰り広げられました。

IMG_6455 森永製菓の研究所の方と秘書の方と岩井の胡麻油の岩井さん(中央)

IMG_6453 宍戸CEOがシンガポールに行かれるので早期に退室しましたが、宍戸コールが巻き起こりました!

IMG_6460 3人のオッサン達(左から鈴木代表、床鍋さん、澤野さん)

最後はみんなで新井社長を中心に記念撮影です。懇親会は定刻を過ぎて、遅くまで続きました。色んな人が集まってお話すると非常に良いですね。 01Booster 今後もお菓子で世界を良い方向に変える取組は続いていきます。是非、皆さんで日本を事業創造できる国にして世界を変えて行きましょう! Stay Hungry, Stay Foolish...
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事