01Blog / 国際ベンチャー支援者コミュニティで感じた世界と日本のベンチャー支援の違い

投稿者:Goda George
2016/10/08 00:00

2016年10月初頭にUSのDenverでGlobal Accelerator Networkの年次回があり、世界のMentor主導型アクセラレーターの関係者が集まるので、01Boosterからも参加してきました。コンテンツ自体は秘匿なのですが、各国の方とフリーでお話をさせて頂いた中から「起業活性化・ベンチャー支援」という文脈で感じたことをまとめておきます。

どこも基本的な状況と方法論は変わらない

色んな国の人やUSの州の人にネットワーキングなどの機会に各国や各州での状況を聞きました。簡単に言うと、進んでいる地域は・・・

  • 起業する人が多く、スケールビジネスを目指す人が多い
  • 国際ビジネスを目指す人が多い
  • エコシステムがある(起業家・投資家・メンター:支援者側)
  • 男性に加え、女性にもスケールビジネスを目指す思想が浸透しており、創業者に男女が混ざる(←その方がパフォーマンスが高い)
  • 学生で起業に向かう事を好む人が多い(その方が有利という認識がある)
  • 企業を辞めて起業に向かう事にポジティブ(その方が有利という認識がある)
  • 大企業がベンチャーとの連携をしている(エコシステムの一員である)

という特徴があります。進んでいない地域はこの逆だと思えばいいでしょう。簡単にいえば、進んでいない地域はエコシステムができていないし(難しい!と嘆いている)、起業すれどもファミリービジネス(個人事業主系)か国内を見てしまうという感じです。例えば、シリコンバレーなどは全てが上記のようでしょうし、アイオワは近づいてきた、米国でもまだまだの州も多い。Swedenなんかはまぁ、できてきたかなー?韓国は日本よりも少しベターという感じです。南米ではまだまだみたいな国も。

では、どうやって、それを啓蒙したのか?とアイオワとハワイの代表が女性だったので、その支援者にも色々聞きました。やっていることは同じです。

  • ロールモデル(チャンピオン)を創る
  • ひたすら啓蒙する(スケール型・国際化など)
  • 小さな成功を積み上げる
  • これらを3年ぐらい続けると、兆しが見えてくる

など、何もかもがある意味「当たり前」のことですね。銀の弾(特効薬)は無く、銅の弾を撃ちまくるという感じです。それぞれに国の政策とか色々あるんでしょうが、大きくはそうです。また、Skypeなどの成功例がでると「自分たちもできるのでは?」という形で起業家が増える特徴もあります(Swedenの例)。

イノベーションのジレンマはどこにも存在するが「差はある」

持続的なイノベーションはできるが破壊的なイノベーションは困難という「イノベーションのジレンマ」はどこにでも存在するということです。結局のところ、雇用が相当流動する米国ですら大手企業とベンチャー企業の連携は難しいということですね。程度の差はあると思いますが「難しい」という事は同じだということです。

但し、差はあります。雇用流動性の差です。大企業の人間もいるのです。このような集まりに一緒に(日本でもいますが「参加の質」が違う気がします)

一方で、文化的差異もある

では、全部、同じか?というと同じ部分と違う部分があります。ネットワーキングで南米チーム、アジアチーム、英語圏(旧ブリテン圏)でまとまるのが面白い。

まぁ、確かにそうだけどさぁ、韓国ではそうはいかんのよ。そうそう!日本でも同じ!

という会話です。人間同士のコミュニケーションの手段はローカル性がありますね。これ以外にも細かく違います。つまり、いわゆる起業の世界では標準的な「旧ブリテン圏」のやり方は万能ではないということですね。

同じ部分と違う部分があるということです。

大学との関係が深い

これは正直、日本との圧倒的な温度差を感じました。別に日本の大学が駄目といいたいわけではなく、大学教授が混じっているんですよね。つまり彼らは「言語化」の役割を演じます。

アクセラレーターは「実務家」です。実務には長けているので具体的ですが、総括した「言語化」は難しい。例えば、起業の個々の考え方は実務のアクセラレーターが上でしょう。しかし、それを鳥瞰図的にMECEに定義づける、深めるのはアカデミアの出番です。確かに総括するとそうだなぁと思いました。

支援者は自身も起業経験者が多い

そもそも、ベンチャー支援というかアクセラレーターやインキュベーターは平時の兵士という感じですね。起業は過去、これをして、売ったけど、今は、これやっているっていう人がベンチャー支援者に多いです。次は何やるの?あー?みたいな感じです。

抽象的な概念の大切さ

これも日本の弱いところですね。例えば「ダイエットは健康に良い・正しい!」と結論がそもそもあって、それに対して「どうやってダイエットをするか?」という手段を考えるのが日本では多いのではないでしょうか。一方「旧ブリテン圏」では「そもそも健康とは何か?」とか「ダイエットをしないとならないのか?」「そもそも健康である必要があるのか?」という根本の概念を話し合うのが凄いなぁと思いました。議論の内容が格別にノウハウが入っているとかではないんです。「議論することが重要」なんです。トッププレーヤー同士が、意見を言い合うという行為、後述しますが「コミュニティ」なんです重要なのは。まさに、そうなのか!?と今更気づいた自分は鳥肌が立ちました。

共通の目的を持つ多様なソサイアティー

目的は「より良いアクセラレーター活動」だったり「事業創造」です。そのような大きな目的の中で、大企業・ベンチャー企業・支援者・大学が皆で話し合うのです。しかも民間主導で。これは本当に素晴らしい。まさにダイバーシティ・ラリーです。

コミュニティへの投資

結局、ここなんです。コミュニティ(人の集まり)というのはなんとも抽象的です。これも日本が重要性を意識する上で、弱いところでしょう。Communityの意味を今一度Wikiで観てみましょう。

A community is commonly considered a social unit (a group of people) who share something in common, such as norms, values, identity...

ということですね。同じような考え方や価値観、アイデンティティをシェアする集団。ですかね。

ずばり「コミュニティこそ価値」なんです。極端にいえば「金額的にも価値がある」ということだと思います。例えば、イノベーターが1名いたとします。では、イノベーターが3名いて協力しあったらどうでしょうか?3倍でしょうか?違いますね。3倍以上になるでしょう。

活性化すれば、自発的に価値を自分たちで生み出す集団

世界的に経済が停滞する中、イノベーターしか価値を産みません。となると、イノベーターのコミュニティの意味はなんでしょうか? 何か「特別な情報が得られる」「教えてもらえる」という受け身ではなく、コミュニティさえ活性化してあれば、能動的に勝手にその「コミュニティ」の価値を上げていくのです。

では、日本では何が足りないのか

上記を元にまとめてみましょう。

  • 概念的なディスカッション、ビジョン、世界観を広げる必要がある
  • 絶対に閉じない!多様性が必要、世界トップの知見を入れることが必要(クローズドコミュニティからオープンコミュニティへ)
  • 正しい「ロールモデル」を創って、スケール型のビジネスの啓蒙を3年以上で、最低10年続けること
  • コミュニティの価値を再認識する
  • 正しいマインドセットをインプットする
  • 大学の役割を見直す
  • エコシステムという考え方をより持ち、大企業もそのゲームの一員となる

そんなところでしょうか。いずれにしろ、この「スタートアップエコシステム・スタートアップ支援」我々は先進国では後ろから数えた方が早い気がします。是非、その認識を持ち、銀の弾ではなく、当たり前の銅の弾を打ち続ける努力を続けていく必要があります。その先にしか我々の未来は無いのですから。


Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事