01Blog / 01Booster 2017年に向けて

投稿者:Suzuki Norifumi
2016/12/31 18:31

本日が2016年の最後の日です。2016年も周囲のみなさまにご支援ご指導いただいた年でした。本当にありがとうございました。

2016年はグローバルでは数多くの事例があるイノベーション創出のためのツール「コーポレートアクセラレーター」の国内における認知度が一気に高まり、複数のアクセラレータープログラムがスタートいたしました。

01Boosterにおいても学研様、森永製菓様、キリン様、LIXIL様、ウィルグループ様、第一勧業信用組合様、ニコン様等の大手企業とともにアクセラレータープログラムを実施し、日本企業の事業創造に必要なことは何かを、何がボトルネックなのかを、いろいろ検証してまいりました。そのプロセスにおいては、主催企業である大手企業、参画するベンチャー企業、そして行政や大学等の多大なご支援をいただきました。この場をお借りして改めまして深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

その上で、第一次の標準モデルができてきました。2017年はそれを「本気で」市場に問うていきたいと考えています。

 『本気で社会をより良い方向に変えたいのか?』 

     (自分の利益だけを考えていないか?)

 『本気でやり抜く覚悟と執念があるのか?』 

     (やっているふりをしているだけではないか?)

 『本気で失敗できているか?』 

     (リスクを取り切っているか?)

01Boosterのミッションである「日本を事業創造にできる国にする」ために必要なこと、それは自分たち自身が本気で、覚悟と執念を持って、リスクをとって行動することだと思っています。2017年は率先垂範して、そして、なによりも謙虚に、周囲のみなさまと協力しながら、事業推進してまいりたいと思います。

2017年も01Boosterをよろしくお願い申し上げます。

タグ
Original
投稿者
Norifumi Suzuki
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Norifumi Suzuki の新着記事