01Blog / それは「事業創造ファースト」なのか?

投稿者:Goda George
2017/03/16 00:00

正しい事業創造ファーストなのか?

正しい事業創造ファースト。その行為は事業を生むこと、事業/企業価値をあげる事に繋がるのか?

と問い続ける必要があります。「Founders first」という考え方があります。起業家優先というイメージですね。問題は起業家優先だと事業に係る人は起業家だけ優先していればいいのか?という感じもします。

そもそも事業はエコシステム・コミュニティが勝敗を決める

企業内で新規事業が全く起こらないわけでもないし、そもそも事業は一人で行うものでもなく、ベンチャーだけで行うものでもありません。時には顧客も登場人物ですし、何かをやる上では協力者が必須でしょう。

私だけかも知れませんが、なんでもFounders Firstというと、企業内で地道に協力してくれている人もなんとも浮かばれない気もします。

そもそも、事業はエコシステムやコミュニティの影響が非常に大きいわけです。

Founders Firstの理由

日本よりも起業家の地位の高い欧米でこういう話が出てくるというのはやはり立場が弱く、容易にFounders SecondかLastになるからというのはあるとは思いますが。日本では更に気をつけないとならないというのは確かにそうだと思います。

日本の場合、特に問題なのはベンチャーではないですが、中小企業の大手企業への極めて強い不信感ですね。これは相当根深いです。現場にいて目の当たりにしました。ベンチャーは新興なのでそこまで根深く無いのですが、自分だけ良ければ良い、お金だけ取れれば良いという感覚に陥らなくもないと思います。

それは「事業創造ファースト」なのか?

多くの新規事業活動が柵だったりプライド、政治の世界、時にはお金の問題でまともにワークしないのが今の日本かも知れません。教育だけだったり、時にはガス抜きだったり、仕方がない部分もあります。ただ、比率的に事業創造につながる行為がかなり少ないという事実もあります(実際に結果が出ていない)。

そうなると、今一度、その行動は事業創造につながるのか?つまり、「事業創造ファースト」なのか?を誰もが自分に問いかける必要があります。

ロジック的に起きないものは起きないので、01Boosterは下記を中心に物事を考えていきます。短期的に仮に難しくても、少なくとも長期的にそうなるのか?です。

その行動は事業につながるのか?「事業創造ファースト」なのか?
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事