インタビュー / スタートアップで働くこと

投稿者:Goda George
2017/05/09 00:00
今回は01Boosterの十枝さんにスタートアップで働いてどう思うかをインタビューしてみましたので、下記に内容を簡単にまとめてみます。

スピード

まず、スピードが早いこと。これは意思決定の速さですね。Feedbackが早いので、その結果としてスピードもあがります。十枝さん自身は一人で独立もされておりましたが、一人よりもチームでやると早いという個人事業主と比較しての感想もあります。

トライアンドエラー

トライアンドエラーが早いこと。何某か失敗することが良しとされることです。失敗しても「次はどうするんだ?」となります。自分で情報を取りに行くことが多くなり、また、とった情報を試すことができます。

やりたい事が一通りできる

会社で人事部門でしたら、人事以外の仕事はやらないですが、「これがどうですか?」となるとでは「やっといて」となります。様々な業務ができます。

情報量が多い

情報量が多い・風通しが良い。一般の会社だと、上の方から情報がなかなか降りてこず、場合により、あなたには関係にないとなりますが、経営と近いので、全社的な話がシェアされる傾向があります。

学びが多いこと

学びが多い。経営陣がメンタリングします。あとは、事業上重要な書籍などがなかなか学びになります。経営で悩んでいる人・市場で先端でやっている人が、読んだり考えたりしているので、スクリーニングされた情報があります。加えて、無定形の学びの手段がいっぱいあります。

そんな十枝さんの感想でした。私的には向き不向きがあると思いますが、何か新しいことを自主的にやりたい人にはスタートアップには良いと思います。あと、なるほど、確かに、市場や会社の生き残りを賭けて闘っているスタートアップが集める情報に関しては学びになるのかも知れません。この点で逆に学びになりました!十枝さんありがとうございます。

01Boosterは一緒に働く仲間を募集しております!


Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事