01Blog / スウェーデンの強大なスタートアップエコシステム

投稿者:Goda George
2017/06/01 00:00

我々はどうしたら良いのか。

そう感じたストックホルムでした。

スウェーデンの人口は1000万弱、ストックホルムで90万人弱の人口です。しかしながら、極めて強大なスタートアップエコシステムが存在するのです。ここでは、数件のインキュベーション施設とスタートアップの状況を紹介します。ストックホルムには20個程度があるようです。

スウェーデン自体はノルディック銀行の本社があるので、フィンテックが盛ん、農業系を中心にフードデックも強い傾向があります。当然、IT系全体として強いのですが、行政としては、通信インフラなどを中心にインフラの整備を実施、最大の投資元でもあります。アーリーアダプターを養成する(優れたITインフラ・高いIT機器の普及率)というところです。

大企業との連携と目的主義

どこでも大企業とスタートアップの連携は難しいのですが、ABB(重電大手)がやりだして、風向きが変わったようです。最近はボルボもアクセラレーターを始めたとのこと。スウェーデンは目的主義で「己が何をしたいのか?」をベースに物事を考えるようです。

以下は各、インキュベーション施設です。

epicenter

今回は数件のインキュベーション施設を巡ってきました。まずはepicenterです。要塞のようなかなり大きなインキュベーション施設です。少し成長したスタートアップが中心で350社、2000人が入居、基本的には英語です。3万スクエアで、フリー席は200ドルというところです。

イベントも多数実施、様々な大手企業も小規模なチームを入居させており、オープンイノベーションを進めております。大手企業やスタートアップが入り混じって数カ所のイベンスペースでセミナーが実施されておりました。

レストランもあって、ワークショップを始めとして「コミュニケーション」を奨励し「コミュニティ」を創る取組が壮大に進んでおります。

これは、人体にタグを埋め込んでいるスタートアップです(親指の根本の少し膨らんでいるところ)。

これは、電車の乗り心地を色々改良するスタートアップです。

お酒のスタートアップもありました。

しかし、これだけの規模はなかなかないですね。恐れ入りました。Google for Entrepreneursが6ヶ月間支援するプログラムもありました。

SUP46

epicenterをEarlyからMiddleぐらいのStartup向けだとするとSUP46はよりSeed段階向けのスペースです。STINGというアクセラレータープログラムも運用されております。

スウェーデンはKING、Skype、Spotifyなどのロールモデルがいるのが大きいですね。

こんな感じの入居です。

スポンサーや関係者もリッチですね。

運営メンバーも多いですね。

とにかく、ここ、ストックホルムで聞くのは・・

コミュニティとエコシステム

です。様々な取組が行われております。人口的には日本よりもかなり少ないですが、Born Globalであり、目的思考も強いスウェーデン。我々日本は何を目指せばいいのでしょうか。何よりも他国と比較してどうなのかですね。

素晴らしいでは足りない。世界を変えよう

01Boosterは一緒に世界を変える仲間を募集中です! info@01booster.com にご連絡ください。


Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事