01Blog / 急成長する01Boosterはどこに行くのか?

投稿者:Suzuki Norifumi
2017/07/02 00:00

01Boosterの活動がスタートしたのは2010年の秋くらいからです。それぞれ、メンバーが自分自身のビジネスを立ち上げようと集まって「相互支援の勉強会」をしていたことに端を発しています。それからですので、ほぼ7年の月日が経っています。結局、創業当時のメンバーで01Boosterに残ったのは私と合田ジョージの2人だけになりました。そのときに集まったメンバーは起業家として自身の事業経営を継続している人が多いですが、サラリーマンに戻った人もいます。みなさん、それぞれ頑張っています。

私は01Booster創業のときに常に考えていたことがあります。

「必ずチャンスは来る。それまでは泥水をすすってでも生き残ろうと。」


  • 〔2011年施工中の01Boosterオフィス〕

どうやら7年目にしてチャンスが来たようです。多くの企業様・行政機関様からお声がけいただけるようになり、全国地域の方からお呼びいただけるようになり、魅力的な起業家のみなさまが集まっていただけるようになり、時には海外のスタートアップコミュニティからも声がかかるようになってきました。そして、何よりも、一緒に「事業創造で世界を変える」仲間が増えてきました。

そして、今また、私は深く考えるのです。

『このチャンスは見過ごそう、そして、もっと大きな次のチャンスにかけようと。』

そのためには事業創造に繋がることをしよう。裏を返せば、事業創造に繋がらないことは決してやらないと決めようと。いくら目先の利益になったり、01Boosterのメディアバリューが向上しようとも、関わる皆様の事業が成長し、成功することだけに集中しようと。

Creating Business is 1st!

こんな融通の効かない私ですが、事業創造には純粋です。一緒に、事業創造で世界を変える仲間を大募集しています。ご関心がある方は、info@01booster.com までご連絡くださいませ。

Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事