01Blog / 意思決定をするときに

投稿者:Goda George
2018/01/18 00:00
ドラッガーさんの「優先順位を決める4原則」というのがあったのでメモとしてもここに残しておきます。

すべて分析ではなく勇気にかかわるものである

まず、文頭のこの言葉がいいですね。分析も必要かも知れませんが、そもそも「なぜそれをするのか?」「それをやりたいのか?」ですね。やりたくないものに勇気は出ないでしょう。我々はどうやら「サイエンス」に偏り過ぎたと思えます。サイエンスは「一つの答え」を探す作業であり、これでは差別化はできなくなると思います。「感情」「想い」「勇気」が今まで以上に重要な時代が来たと思えるのです。

ある本で読んだのですが、過去の敗戦の影響からか精神論を嫌い、サイエンスを重視する方向もあると。ただ、サイエンスが逆に「精神論化」したのが今では無いでしょうか。

イノベーションは勇気から生まれる

過去ではなく未来を選ぶ

我々は儒教の影響もあるのかも知れませんが、過去を尊ぶ傾向があります。これはこれで正しい部分もあると思います。継続において強みを発揮します。一方で無条件に過去のやり方に従う(手段の目的化)傾向が弊害として出やすいと思います。あくまで全てのことは裏と表があります。過去のデータは過去のものであり、未来は過去のデータで測れない部分があると思います。「いかに前提を疑えるか?」が問われていると思います。

問題ではなく機会に焦点を合わせる

これ、物凄い重要だと思えます。全てのことは有利とも不利とも言えます。例えば、地域を「ヒトがいない」「ビジネス機会が少ない」「衰退している」というネガティブな要素で観るよりも、結果的に巨大企業は地域発が多いことを考えると、その創業者達は「機会」面を観ていたと思うのです。地域の場合は横展開し易い(東京は規模が大きいので他地域展開し難い傾向がある)、競合が少ないなど様々な要因で規模化する可能性があります。

時流に乗るのではなく独自性をもつ

「ファーストムーバーアドバンテージ」とでもいうものでしょうか。バズワードになった時点で既に遅いとも思えます。本質をみて、時流ではなく、本質的に必要なものは何か?を考える能力ですね。これは難しい。多くのヒトが時流に左右されます。もちろん、事業家そのものもそうでしょう。そのためには「Being」、己は何か?という内省が物凄い重要になると思います。

「まだ誰もやっていない?ではやろう!」ではないと勝てない世界

無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶ

これも難しい概念ですね。普通は逆の選択肢ですね。悩んだら難しい方、ワクワクする方向を選ぶとも近いでしょうか。今の日本には変革がものすごく求められているので、会社の意思決定、自分の意思決定にしろ「現状維持」をするものであれば勇気をもって変えていく必要がある、変わらないのであれば立場をスイッチする(部門替え、転職、起業、転居他)必要がありますね。多くの方と話していると(ワタクシも含めて!)自分でその立場を創っている気がします。

偉大な組織には、過去に勇気ある決断をした人がいた
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事