EAST meets WEST 2018 in Hawaii

投稿者:Suzuki Norifumi
2018/02/03 00:00

今年もGlobal Accelerator Network(GAN)のメンバーとしてご一緒しているHawaiiのトップアクセラレーターBlueStartupが主催するEAST meets WEST 2018 in Hawaii に01Boosterメンバー3人で参りました。
イベントの名が示す通り、欧米のアクセラレーターやスタートアップと、アジアのそれらが集まり、知恵を共有し、ネットワークを広げる場です。01Boosterは日本国内唯一のGANレギュラーメンバーとして、アジアで5番目のメンバーとして、この機会を貴重な機会だと捉えています。

【1】世界のアクセラレーターの動向を知る

アクセラレーター業界としては、日本は相当遅れをとっているのが事実で、他国のトップアクセラレーターの動向を知ることで、次に日本のアクセラレーターが、そして日本がとるべき方向を感じ取ること。

【2】クロスボーダーなコミュニティに入ること

もともと島国の国民性もあり、国内マーケットが大きいこともあり、自国内で完結しがちですが、アクセラレーターはクロスボーダー化が顕著であり、もはや国境など関係ありません。スタートアップは世界マーケットを狙っており、投資家は世界のスタートアップに投資をし、アクセラレーターは育てたスタートアップを世界に送り届けようとしています。そのためには各ローカルのアクセラレーターとネットワークを持つことが極めて重要になります。

【3】世界のスタートアップをピッチを見ることで、日本の相対的なレベルを確認する

日本のスタートアップは世界と比べて遜色ないと感じます。当然、ユニコーンレベルのスタートアップと比較してしまうと太刀打ちできませんが、平均的には遜色ない、もしくは優秀なのではないかと思うことが多いです。日本は快適な国です。「不足」「不満」「不快」が相対的には見つけにくいため、研ぎ澄まさなければよいビジネスアイディアとは言えませんので、こちらにきて見るピッチはそれほど驚くものではありません。とはいえ、ターゲットマーケットが世界を狙ってることは見習わなければなりません。

【4】01Boosterメンバーがグローバルの意識を持つ

これは代表である私自身に言い聞かせなければなりません。できるだけグローバルに出ていくことで意識を高めることが必要で、今回は3名のメンバーで参りました。01Boosterメンバーはできる限りこのような機会を持ってもらうようにしています。それにしても、母国語が英語でないアジアのアクセラレーターは英語を流ちょうに使われるので、自分の至らなさに焦るばかりです。

ということで、今回も非常に勉強になり、モチベーションが湧いております。現在、Hawaii深夜4時、眠れないので、少しまとめてみました。

Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事