「居ても立ってもいられない」を大切にしよう

投稿者:Goda George
2018/06/06 00:00

前に世界的起業国家として名高いイスラエルに行った時に年の頃55歳?ぐらいの方になぜ起業するんですか?と聞いたら・・・

居ても立てもいられないから

と、非常にシンプルな答えが帰ってきました。もちろん、どの世界でもスケール型の起業家は少数派ですので、全員ではないでしょう。でも、これは年の頃70歳?ぐらいの方が、4回目の起業だとか、穴の空いた服を着た方が来て「この事業はいいぞ!」で、「何回起業しているんですか?」「4回で全部失敗だ」と答えられたのを覚えております。

我々は考え過ぎではないか?

年齢がどうだ、とか、前に失敗したから、とか、様々な理由で・・・

我々は心の声にフタをしていないか?

ということです。我々だと、年甲斐もなくとか、色々考えます。高度に社会化されている日本では様々な「目」が厳しいのも事実。でも、それは結局は自分が決めたものではないかとも思えるのです。

行動してみること

私個人も若くありませんので、起業は30歳までだ!とか色々言う人もいます。でも、それ本当ですかね?年齢一つとっても極めて幅広いです(It's Never too late)。

必ずしも社長じゃなくったっていいし、関わり方も自由で良いのではないか」に書いたように何も、崖から飛び降りるような話をしなくても良いと思います。形は色々であり、それが社会的に悪いことでなければ、それを人に定義されて評価してもらう必要もないと思います。決めるのは自分であり、行動するのも自分。嫁も夫もブロックもあるでしょう、しかし、リスク許容度を考えて、できることは必ずあるはずです。仮にそれが小さくてもです。

どんな小さくても「前へ」向かって行動してみること
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事