博報堂と01Booster、新製品/サービスの普及戦略を オープン・イノベーション・スタイルで構築する「ストラテジアソン」 プログラムの提供を開始

2015/06/30
その他
事業創造アクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 規文、以下 01Booster)は、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 裕一、以下 博報堂)と共に企業の新製品やサービスなどのアイデアシーズの普及戦略をオープン・イノベーション・スタイルで構築する「ストラテジアソン」プログラムの提供を開始いたしました。7月以降、順次参加企業の募集を開始いたします。 LL_img_65561_1 近年、自社だけではなく企業の枠を超えて人材・アイデア・リソースを組み合わせ、新たな知見やアイデアシーズなどを創出する「オープン・イノベーション」が注目されています。ITや新規事業開発、まちづくりなどをテーマに「アイデアソン」や「ハッカソン」などが短期間に多くのアイデアシーズを得られる代表的な手法として定着しつつあります。「ストラテジアソン」はローンチから普及までの中長期的な戦略を構築する場として応用した、独自の「戦略のオープン・イノベーション」プログラムです。 当プログラムにおいて、01Boosterは大手・ベンチャー企業のイノベーション推進人材を呼集します。また、豊富なファシリテーションの実績を持つ博報堂の専門コンサルタントが対話をリードすることで、自社だけでは得られない多様な角度からの気づき、知見の蓄積を促します。 01Boosterは博報堂と共に事業開発プログラム「コトの共創ラボ(※)」にて「ベンチャー企業と大企業のコラボレーション」や「大企業のイノベーション担当者同士のコラボレーション」などのあり方について共同研究・実践を推進してまいりました。「ストラテジアソン」は、「コトの共創ラボ」の会員であるニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司)のサービス「スマートサーブ」の普及戦略をテーマに、博報堂、01Booster、ニフティ株式会社の3社が共に議論する中で発案され、2015年5月に「コトの共創ラボ」の取組みとして開催した「スマートサーブ・ストラテジアソン」にて実践されました。そこで大きな手応えを感じたことから、博報堂がプログラム化を検討、本日の提供開始にいたりました。博報堂は「ストラテジアソン」を通じて、企業のオープン・イノベーションを中長期的にサポートしてまいります。 (※)コトの共創ラボとは、主に大手企業の新規事業推進部門が集結し、オープン・イノベーションのための「はじめの1歩」を踏み出すことをサポートする運動体です。2015年4月より「一般社団法人コトの共創ラボ」として活動しています。( http://kotolab.org/ ) ■「ストラテジアソン」プログラム実施フロー (1) 事前準備・テーマ決め 企業が抱えているアイデアシーズや新製品についてヒアリング、テーマに応じてプログラムに参加するイノベーション人材のイメージなどを共有します。 (2) イノベーション人材の呼集 起業家・事業創造人材のネットワークを活用し、01Boosterと共同で外部のイノベーション人材を呼集します。 (3) ストラテジアソン当日 終日のストラテジアソンプログラムを実施いたします。ファシリテーションは博報堂の専門スタッフがおこないます。 (4) ファインディンスのまとめ・戦略骨子のご提案 ストラテジアソンでの議論内容を受けて、博報堂スタッフより戦略骨子をまとめた資料を提出いたします。 (5) (オプション)本格的な事業創造プログラムへの移行 オプションプランとして、より精緻なマーケティング戦略の構築や事業創造プログラムのサポートをおこないます。 ■「スマートサーブ・ストラテジアソン」について 2015年5月に「コトの共創ラボ」の取組みとして、ニフティ株式会社と共に「スマートサーブ・ストラテジアソン」を開催しました。具体的にはニフティ株式会社のサービス「スマートサーブ」を題材に、経営戦略/事業戦略を担当するイノベーション人材を様々な業界から呼集し、「スマートサーブ」担当部門の社員も多数参加するかたちで実施いたしました。本プログラムは、この「スマートサーブ・ストラテジアソン」でのニフティ株式会社からのフィードバックを経た上で商品化しております。 URL1: https://www.facebook.com/NIFTY.Corporation/posts/841721029214969 URL2: http://01booster.com/01blog/9002 【ニフティ株式会社からのコメント】 「スマートサーブ・ストラテジアソン」では、社外の方からの率直な指摘や参加者同士の本質的な議論を通じて、サービスを普及させる上で取り組むべき課題が明確になっただけでなく、外部の視点で再評価されることによって社内で検討した課題や方向性などの「確からしさ」を改めて認識することができました。多様なバックグラウンドを持つ社外の方から忌憚のないご意見や豊富な知見を得られたことは、事業に取り組む社員にとって非常に刺激になったと思います。 本プログラムの特性である「自発的でありながら、収束的な議論を生み出すファシリテーション」と「外部有識者の参加」によって、新規事業を推進していく上で必要な視点を強化できたと感じています。所属企業や職位に関係なくオープンに議論できる「ストラテジアソン」は、企業で新規事業に取り組む方々を後押しする、非常に画期的な手法であると期待しています。 ニフティ株式会社 イノベーション推進部 部長 瀬津 勇人 ■会社概要 商号  : 株式会社ゼロワンブースター 代表者 : 代表取締役 鈴木 規文 所在地 : 〒106-0044 東京都港区東麻布1丁目7-3 第二渡邊ビル7F 設立  : 2012年3月 事業内容: 企業および起業家の事業創造アクセラレーター、       インキュベーション、投資および資金調達支援、研修、       コンサルティング、M&A仲介サポート、       起業家向けシェアオフィス運用 URL   : http://01booster.com