01Blog / 「Fab Lab Berlin」EUの国際的スタートアップシティにて

投稿者:Goda George
2017/05/30 00:00

スタートアップチームの全員の国籍が違う!?

これは大きいと思います。スーパーナショナルスタートアップチームがいるベルリンです。カナダ、メキシコ、ドイツ、香港!?一人も同じ国の人がいない。ベルリンは生活コストが安く、治安も良いので、スタートアップが盛んですね。後、驚いたのはこのナショナリティです。

ベルリンのFab Lab Berlinに訪問してきました。さて、何を評価軸にするかが重要です。設備でいえば、スタートアップの内容であれば、それは日本と大差がないか、むしろ日本が進んでいるものも多いかも知れません。

ちなみに、日本の強みは細部の作り込みと圧倒的なカイゼン力にあります。但し、国際性はかなり弱いです。

ベルリンのスタートアップチームの国際性には驚きました。一人も同じ国籍の人がいないのです。EU域内だけだったらそんなもんか?と思いますが、なんと、アジアや北米、南米に広がっているのです。ベルリンが暮らしやすいということもあるでしょうが、チーム自体も国際的に分散しているところもありました。

このチームだと、確実に市場を地球儀で考えてくる。

これは日本にとって非常に厳しい状況になります。なぜなら、モノやサービスがどんなに良くても市場を取れなければそれまでですので。さて、話は戻ってFactory Lab Berlinです。運営は一部、行政のお金も入れながら、企業スポンサーが多い模様です。

コワーキング部分はこんな感じ。

3Dプリンターに加え、様々な設備があります。

これはテクスタイル系の作業場所。

Labの外のお庭もキレイですね。こういうのは流石、ヨーロッパ!

直ぐ外にはコンテナオフィス??なかなか凄いですね。

ベルリンは実は産業があまり無いようです。一方で、EUのスタートアップとしての地位は確保してきているような気がします。チームの国際性に関しては目を見張るものがあります。モノやサービスではなく「市場」という軸でスタートアップを捉えた場合、日本とは圧倒的な差が付く可能性がありますね。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事