会社のビジョンとはなんなのか?

投稿者:Goda George
2018/05/24 00:00

サイエンスとアート

先日、岡山で開催されたStartup Kingdomさんのイベントで起業家の方のお話を聞きました。とても参考になりました。その中で、詳細は忘れましたが、「数値管理」x「想い(?)」というような、「サイエンス」の部分と「アート」の部分の両方大切だという話を最後にされていました。

まったくもってそう思います。問題は、「数値(サイエンス)」は解りやすく、「想い(アート)」は解りにくいということかと思えます。

こうなると、売上(数値)が重要!と数値至上主義派と、売上や数値(KPI)よりも「想い」が重要なんだ!という想い至上主義派の、二元論に走る事になりそうです(特に一つの絶対解を求める教育を受けた我々日系としては・・)。この両方が必要だ、というのはなかなか起業等の経験者ではないと、あるいは、それも苦労の末にそうだなぁ、と思うものに思えます。サイエンスとアートの両立は本当に難しいんです。

サイエンスは数値化可能だが、アートの部分は数値化が難しい

どうやって、サイエンスとアートのバランスを取るのか

そこで、起業家の方にこんな質問をしてみました。

私「KPIなどを管理すると、会社のビジョンとか顧客満足と離れてしまうのですがそれはどうしているんですか?」


起業家「おっしゃる通りです。なので、ビジョンを会議室などにでっかく貼ってます」

とのこと。なるほどです。例えば「売上」という数値は追いながらも、そもそも我々ってどんな存在だっけ?と常に問い続けるわけですね。本当に共感しました。

会社のビジョンとはなんなのか?

310億円の赤字を出したLEGO、ブランドを救ったのは「原点回帰」」は良いエントリーです。LEGOが苦境に陥った時に結局自分たちの会社の存在価値に立ち返ったということですね。

なぜ「やらされ職場」が生まれるのか?」もとても参考になります。つまり、売上といった数値も重要ですが、それだけだと人が集まる理由が無くなるというものですね。

ただ、このようなことを考えることはなかなか得意ではないですね。それは、多分「辛い」からですね。数値は外的評価できますが、アートの部分は「強い」とか「弱い」はありますが、絶対的にどうか?は数値化を試みるもののなかなか難しい。そもそも、アートの部分なので

必ずしも全員の考えが一致せず、かつ、創業者と集まってくれた人たちでも異なる

この点は大きいなぁと想います。だからこそ、コミュニケーションを取り、原点に戻る。ベンチャー企業もそうですが、特に既に大きくなった会社は何よりも、新規事業を考える前に、会社がなんのための存在するのか?自分は何のために存在するのか?ということを考えてみると良いかも知れません。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事