01Blog / やりたい起業ネタがあることの罪

投稿者:Suzuki Norifumi
2017/06/15 00:00

ある高名なインキュベーターのお話しを聞いて「なるほど」と思ったこと。

やりたい起業(事業)のネタがある人間の方が少なく、そしてネタは定まっていないが、とにかく起業をしたいという人間の方が多数派であるという事実。私も明確に後者です。

どうしてもやりたい事業のネタはないし、事業開発していると大体どこかで飽きてしまいます。

であれば、インキュベーターが創ったビジネスアイディア(プラン)を「とにかく起業したい人間」にやらせてみるというアプローチは相性がいい。そして、どうやら、そのやり方をした方が成功確率が高そうである。今、上手くいってそうな(推測含みます)インキュベーターやアクセラレーターはどちらかというとこのやり方のイメージが強い。

それでも、巷ではよく、起業は「じぶんでどうしてもやりたいことを探すこと」等と言われていますし、私も言ったりしています。当然、これも否定されるべきことではありません。事業開発プロセスで確実に振ってくる大量の困難に打ち勝つには「どうしてもこれをやりたい」という信念や覚悟が重要です。そして、周りの人達を巻き込むためにも狂ったような思いがあるほうがいいです。

 一方、やりたい事業のイメージに強いこだわりがあると、以下のような傾向があるかと思います。

  1. 顧客視点が薄まる(顧客のためではなく、自己実現のための活動になる) ゆえに強いこだわりをもたず、時にドライに顧客ニーズだけを黙々と開発する方が良かったりします。そもそもニーズがないエリアを狙っていたり、ニーズはあるけどお金払うニーズではなかったりします。 
  2. 信念が強いゆえに他人のアドバイスを聞けなくなる 周囲の声を素直に聞けないというのは起業家としては相当マイナスです(素直に聞いて、不必要なものを聞き流す力も必要ですが。)。信念が強すぎると、周囲のステークホルダーの期待が視野に入らず、自己実現に突き進みます。また、他者からの資本(Debt/Equityとも)が入っていないのであれば自分のものなので自由ですが、他者からの資本を受けてやっているのであればそれではちょっと困ります。
  3. EXITストーリーが描きにくい 思いが強いゆえに事業のオーナーシップも強く、VC等のEXITが前提の資本を入れた場合に合理的なEXITストーリーが描きにくくなります。 ということで、今回も白黒の話しではないので、決定解はありません。バランスをとるという曖昧な表現で逃げるのはあまり好きではありませんが、やはりバランスが必要ということでしょう。 梅雨に入り、1日中雨なので、スターバックスでPCに向かいつつ。

01Boosterは一緒に世界を変える仲間を募集中です! info@01booster.com にご連絡ください。

※2014年頃のブログのリバイズです。

タグ
Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事